塾アルバイトをはじめよう|スキルアップになる!

社員として働く

男女の保育士

現在の職場から転職を考えている方は、次の仕事を見つける必要があります。決まらない状態で辞めてしまうと、収入が無くなってしまいます。こういったことがないように、転職をさえる方は、次働く職場を見つけておきましょう。転職は今の仕事と全く関係の無い職場に就くことができます。資格を活かした仕事をされたいという方は、専門的な仕事に転職できます。その転職先として、保育士の仕事があります。保育士として働く際には、資格を持っていなくてはなりません。ですが、資格を持っていても初めて働くという方は中には多くいます。初めて保育士の仕事に就くという方でも、研修を行なっているところは多くあります。また、すぐにクラスを受け持つということはありません。先輩と一緒に働くことができるので、分からないことがあっても質問できます。ですので、保育士の仕事は働きやすい環境が整っています。

公立保育園には地方公務員に分類されます。地方公務員の保育士として働くには、採用試験を受けなくてはありません。この採用試験では、一次の時には、一般教養や専門知識が試される試験を行ないます。また二次試験は、ピアノ、集団行動、適正検査を受けます。地方によって違いますが、体力測定を行なうところもあります。これらの採用試験に合格することができれば、公務員保育士として働くことができます。試験を受ける際には、手続きを行ない必要な書類を提出しなくてはなりません。提出する書類は各地域によって違うので、採用試験を受ける際には、必ず確認をしておきましょう。